ページの表示速度を上げてSEO対策を行なう

ホームページを閲覧するときに利用するハードとしてはパソコンが多くなるでしょう。
最近はスマートフォン、タブレット、その他の機器でも見られるようになっています。
またホームページは通信を利用して情報が提供されるのでどういった通信サービスを利用しているかでも環境が変わります。
光ファイバー、ADSL、モバイルWiFiなどを利用した仕組みもあります。
それぞれの組み合わせなどでホームページの表示スピードが変化します。
SEO対策をするときにホームページの表示速度が影響することがあるようです。
今のホームページは高速通信、高性能パソコンに合わせて非常に情報が多く掲載されています。
文字情報だけでなく画像、動画、アニメーションなどもふんだんに使っています。
見やすくてよいといえますが、それによって遅い表示になっているとSEO上はあまり評価されないことがあります。
せっかくホームページにきてくれても遅い表示を嫌ってそのまま去られるケースもあります。